2016年09月13日中部や関西地方で「空が赤い」増加、前回は2日後震度5弱


 
2016年9月13日の夕暮時、中部地方や関西地方で「空が赤い」という書き込みが増加していたようだ。

SNSへのコメントが多いため地域については定かではないが、中部地方から関西地方にかけて多くの指摘があったようである。

真っ赤な夕焼けではなく、ピンク色とも紫色ともつかない不気味な色であったため不安を感じた人が多かったようで、地震の前兆ではないかとの声も見られていた。

「空が赤い」は下記のグラフからも分かる通り最近1週間では突出して言及数が多く、更に過去1ヶ月間でも最も多かったようであるが、地震に繋がるケースはあるのだろうか。

前回、同様の現象が発生したとして取り上げたのは8月29日だったが、この時は2日後の8月31日に熊本県熊本地方を震源としたM4.9・震度5弱の地震が起きていた。

科学的な根拠はないにせよ、「空が赤い」の直後にはこれだけの地震があったのもわかっており、ひとつの目安として注意すると良いだろう。
 
160914-009
 
※画像はYahoo!リアルタイム検索より。