2016年09月20日夜「空が赤い」の書き込みが増加


 
2016年9月20日の夕刻から夜にかけて「空が赤い」との指摘がネットで相次いでいた。

今回は過去30日間で最も多くその数が際立っており、台風16号通過後の台風一過によるものだった可能性も考えられる。

しかしTwitterなどにアップされていた写真からは台風が通過した後の晴れた空における夕焼けではない、曇り空の向こうがあたかも火事で燃えているかのような印象を与えるものばかりで違和感も感じさせる。

「空が赤い」と地震発生の間に科学的な根拠は見つかっていないが、定点観測として過去のデータとともに紹介しておく。前回は9月13日だったが、4日後に千葉県東方沖でM5.0・震度3の地震が起きていた。

160921-008
 
※画像はYahoo!リアルタイム検索より。