• ニュース

地震NEWS新着記事への地震予測情報実装について

 

いつも地震NEWSをご利用いただきありがとうございます。当社ではこの度、地震NEWSの新着記事において地震予測情報を実装する機能追加を行いましたのでお知らせします。

 

当社では地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」の開発と運用を行っており、多数の地震データを分析し地震発生予測をコーポレートサイトの「FORECAST」で公開していますが、この度、地震NEWSにおいても記事内で地震予測情報を提供する機能を実装致しました。

機能追加の概要

今回地震NEWSに追加された地震予測情報は以下の通りです。

1.確度別地震予測数

当社の地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」では、多数の地震について過去の事例からその後の地震発生データを集計・分析しています。

「EDAS2.0シリーズ」が計測している地震予測(対象期間2ヶ月・対象地震国内M6クラス以上、海外M7クラス以上)は07月03日現在、国内震源地予測が483予測、国内方面予測が382予測、海外震源地予測が700予測、海外方面予測が404予測となっており、当社では独自指数を用いてこれらの予測をAクラス(M6クラス以上(海外はM7クラス以上)の地震が発生する可能性が非常に高い)、Bクラス(M6クラス以上(海外はM7クラス以上)の地震が発生する可能性がある)、Cクラス(M6クラス以上(海外はM7クラス以上)の地震が発生する可能性を否定できない)に分類しています。

今回の機能追加により、地震NEWSでは震源地・方面それぞれにおける各クラスごとの予測数がわかるようになりました。

なお、Aクラス予測のうち特に確度が高いと判断した「特Aクラス」とも言える予測に関して、コーポレートサイトの「FORECAST」で当社発表の地震予測として公開していますので、そちらもご利用下さい。

※震源地とは国内は千葉県東方沖、熊本県熊本地方など震央名、海外はインドネシア、アリューシャン列島など国・地域名を示しています。
※方面とは国内は関東地方、千島海溝など地域名、海外はアジア、インド洋など広域地域を示しています。

例:07月03日に発生した福島県沖M4.7・震度3の記事
————————————————————
方面別予測において現在、計382予測中、Aクラスは19予測、Bクラスは46予測、Cクラスは317予測。このうち東北地方に対してはAクラス予測が7予測、Bクラス予測が11予測、Cクラス予測が27予測となっている。

また震源地予測では現在、計483予測中、Aクラスが18予測、Bクラスが107予測、Cクラスが358予測となっており、このうち福島県沖に対してはAクラスが4予測、Bクラスが15予測、Cクラスが15予測となっている。
————————————————————
 

2.危険度表示

地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」では、前述した過去の発生地震からその後の地震発生傾向を分析する機能に加えて、最近の地震発生数を過去の平均値と比較して異常値を検知する「直前地震異常値検知機能」を搭載しています。

また震源地・方面ごとに過去の地震(国内M6クラス以上、海外M7クラス以上)の平均発生頻度との比較から現在の状況を計測する機能を有しており、当該震源地・方面における発震可能性を通常時を100%として算出し「危険度」として表示することが可能となっています。

今回の機能追加により、地震NEWSでは震源地・方面それぞれにおける危険度がわかるようになりました。

例:07月03日に発生した福島県沖M4.7・震度3の記事
————————————————————
東北地方の現在の危険度は100%以上、福島県沖の危険度は150%以上となっている。
————————————————————
 

お知らせ

これらの追加情報は地震NEWSの新着記事から提供してまいります。07月03日より既に実装していますので、ぜひご覧下さい。なお、今回の機能実装を様々な条件で発生する地震に適応させるため、しばらくの間は試験期間中として記事公開のタイミングが多少ずれる可能性があります。

当社では地震データの分析を通じた様々な情報発信を今後も充実させてまいります。
 

関連URL:【コーポレートサイト】FORECAST

最近のお知らせお知らせ一覧