【結果】2018年07月17日までに南海トラフ関連でM5以上の地震予測

2018/10/20


イベント詳細


Pocket

 
06月17日の群馬県南部M4.7・震度5弱地震に関し、同位置における地震がその後南海トラフ関連震源でのM5以上に繋がる可能性があることが見つかっている。

群馬県南部M4.7・震度5弱を引き起こした震源位置と同緯度・同経度・同深度における過去の地震3回では、いずれもその後南海トラフと関連の深い震源でM5以上の地震が発生していたのである。

1938年には伊予灘でM5.0、1956年は日向灘M5.2と三重県南東沖M5.1、そして2017年の際には豊後水道M5.0といった具合である。

こうした事例に照らせば、今回も1ヶ月以内に南海トラフと関連する震源でM5以上が起きる可能性を否定出来ない(関連記事)。
 
結果:

2018年06月18日 M6.1 震度6弱 大阪府北部(関連記事
 



「地震ニュース」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。またリライトと判断される行為についても固くお断り致します。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。「無断転載禁止」をご覧ください。


Pocket

-